美大に関する情報が満載!

美大の油絵科に入るには

美術大学を志す人は、まず自分がどの分野の美術を専攻したいかを決める必要があります。
絵を描くのが好きな人は絵画科があっていると言えるでしょう。
絵画科には油絵と日本画の二種類がありますが、定員は油絵科の方が多く、倍率も一般的に高い傾向にあります。
美大受験でまず必要になってくるのはデッサン力です。
これは各科共通の基礎的な実力を測る指標になるものなので、油絵を専攻するからと言って無視できるものではありません。
次に受験に必要なのは、絵の具とキャンバスで描く実技試験で、これはデッサン力に加えて、絵の具と筆を使いこなす技術や、色彩センスが問われます。
多くの受験生は美術予備校に通って技術とセンスを学びますが、高校生はまず美術の先生に相談し、指導を仰ぐのが一番です。
美術予備校は費用が高いので、特に高校一年生や二年生は予備校へ毎日通う必要はないでしょう。
夏と冬に開催される講習会に参加して受験の雰囲気などをつかむだけで十分です。

油絵を学びたいなら美大が最適

油絵に関心があるならば、美大で専門的に学ぶことをおすすめします。
基礎から技術を身につけることができる上に、有名な画家やアーティストが講師をしていますから、とても刺激的です。
また、全国からたくさんの学生が集まってきますから、お互いに切磋琢磨をして上達することができます。
尚、油絵学科がある美大はたくさんありますので、カリキュラムや受講料を比較しながら選択することが大切です。
ホームページから資料を請求することができますが、無料ですから安心です。
さらに、メールフォームから問い合わせれば、必要事項を記入してクリックするだけですから簡単です。
資料には、授業の内容はもちろん、卒業後の進路について載っています。
そのために、それぞれの美大を見比べながら、将来の進路について検討することができます。
さらに、受験することを決意したならば、試験日や入学後の手続きなど、詳しいことが記されていますので、とても参考になります。

Last update:2015/9/4