美大に関する情報が満載!

アニメーターを志すなら美大が最適

日本のアニメは海外からの評価も高く、幅広い世代から人気があります。
そのために、若い世代の中には、アニメーターとして働くことを希望している方が増えています。
そのような場合は、美大を受験するというのも良い方法です。
美大ならば、アニメーターになるための知識と技能を学ぶことができますので、とても有意義だからです。
尚、たくさんの美大が存在していますので、じっくり比較して進学することが大切です。
カリキュラムや所在地はもちろん、卒業生の進路についてもチェックしましょう。
アニメーターとして活躍している卒業生が存在しているかどうか、必ず確かめることが大切なことです。
また、無料でパンフレットの請求をすることができますので、積極的に申し込みましょう。
メールフォームが設置されていますので、必要事項を記入してクリックするだけですから簡単です。
パンフレットには講師のプロフィールも記載されていますので、とても参考になります。

美大出身でアニメーターになる

美術大学はハイカルチャーな美術を学ぶところで、サブカルチャーであるアニメーション制作に携わるイメージがないかもしれませんが、美大出身者でアニメーターになる人は少なからずいます。
というのも、アカデミックな授業を基本とする美大では、デッサンやパースの基礎的な訓練から始まるので、アニメや漫画とそうそう違いはないのです。
ただしアニメでは、アカデミックな大学の授業ではあまり教わらない、デフォルメーションが重要になってくるので、美大とアニメ業界では必要とされる能力に違いが出てきます。
大学に通っていながら将来的にアニメーターになりたいと思う人は、とにかくアニメをよく見て研究し、それらしい絵を描く練習をしておいた方が良いでしょう。
しかし、アニメーターと一口に言っても、人物や背景など専門は分かれているので、背景を担当したい場合は人物のデフォルメの練習だけではなく、風景画をたくさん描くなどの訓練をしても良いでしょう。

最終更新日:2015/9/7