美大に関する情報が満載!

美大を卒業したあとの就職先について

美大で専門的な知識や技能を学んだあとは、できる限り活用できるような就職先を見つけることをおすすめします。
最も多いのは、中学校や高校の美術教師です。
自分が会得した美術に関する技術を、生徒に指導することができますので、とてもやり甲斐があります。
尚、教員免許を取得する必要がありますから、美大に通学している間にカリキュラムを十分に確認しましょう。
また、デザイン会社や広告会社ならば、より実践的に能力を発揮することができますので、とても人気が高い就職先です。
そのような企業で働くことを希望している時は、求人サイトを重点的に探すことが大切です。
該当する企業がすぐに見つかりますから、とても便利です。
さらに、求人サイトには、グラフィックデザインなど、専門性を要する応募先が出ていることがあります。
もしも自分が該当しているならば、積極的に応募先を探してみましょう。
美大で学んだことを大いに発揮することができる就職先です。

美大卒業生の就職は甘くない

美大の就職は難しいのが現実です。
せっかく大学で学んだ科目を生かせる仕事に就ける人は、実は全体の半分どころか、全体の20パーセント以下でしょう。
では、どうしてそんなに少ないのでしょうか。
なぜなら、就職先が少なく雇用される場が圧倒的に少ないのです。
また、デザインであれば、海外に勉強に行く人も多いでしょう。
ただデザインで有名な国は、世界各国から集まるので、大変な思いをするでしょう。
美大に通う場合、しっかりはじめのうちにどのような仕事をしたいのかなど、目的を明確に持って、就職を望むなら細かく求人情報を見て、日本だけでなく海外ににもしっかり目を向けていないといけないでしょう。
うっかり、学生生活を謳歌し過ぎて、ギリギリになって探し出すのは、もう手遅れです。
例えば、学生のうちからデザイン会社にアルバイトに行っておく、または見習いとして勉強をしに行くなど、積極的な行動力も大切になってきます。
求人が出ていないから、諦めようという姿勢では見つかりません。

Valuable information

Last update:2015/9/9